タグ: 日々の積み重ね

UNOで脳が活性化!

UNOが大好きなA君。
今回は休憩時間に先生とUNOを行いました。

UNOはルールが複雑で、先を考えてカードを出すことが求められるので、
脳が活性化します。また、何人かで行うのでコミュニケーション力のアップにもつながります。

UNOは経験を積んで、たくさんのメンバーと行うと更に楽しくなります。これからもお友達と一緒にもっともっとUNOを楽しんで下さい。

SST教室「一人だけ違う話をしているのは誰だゲーム」(富士見教室)

2023年度最後のディスカッションのSST教室では
「1人だけ違う話をしているのは誰だゲーム」を行いました。

皆さんも会話をしていて相手と話が噛み合わない経験があると思います。
内容の勘違いに早く気がついて修正できたら変な空気にならなくてすみます。
そんな気付きのためのトレーニングゲームです。

まず、テーマがかかれた紙をみんなに配ります。

そして、そのテーマについてだけ、書かれているワードは使わずに話してもらいます。
ただし、その中に1人だけ違うテーマの人がいます。
その人を会話の中で見つけてもらうゲームです。

みなさん、人狼ゲームを知っていたようで、その簡単バージョンなのでルールの飲み込みも早かったです。
そして、楽しんでゲームをしていました。
気になる正解率はテーマ次第でしたが、出題者がどれだけテーマを似せるかがポイントになります。

・夏と冬
・飛行機と鳥
・サンタクロースと泥棒
・入学式と卒業式

など、その距離感で難易度が変わった感じでした。

次回のSST教室から新年度になりますので、リセットです。
一からディスカッションのSST教室となります。

新しいお友達も参加しますので、また半年みんなで頑張りましょう!

脳トレ「子どもバランサー」に挑戦

Aさんは脳トレーニング用の子どもバランサーが大好き&得意です。
このバランサーを行うことにより楽しみながら脳の働きを活発にすることができます。

今回は次の問題にチャレンジしました。
(1) 形合わせ問題
(2)トランプのカードを数の小さいものから大きい順に線で結ぶ問題
(3)同じ色のビーズ玉のつながりを見つけてクリックし、ビーズ玉の数を減らしていく問題
(4)言葉のヒントに当てはまる図を見つける問題

どの問題についても制限時間内に正解を見つけることができました。
楽しく脳トレに取り組めて良かったですね。 

PCタイピング学習

Aさんは「MIKAタイプ」というタイピング入力ソフトを使って、タイピングの練習を始めました。
このアプリはキーボードにタッチする時、どの指を使えば良いかを図示してくれるのでとても使いやすいものです。
また練習する内容も細かく分かれているので、少しずつ練習していけば短期間のうちに入力するスキルが上達します。
Aさんはこのアプリを使って日本語の単語や文章を素早く入力することができるようになりました。


タイピングに興味のある人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。
気になる方はスタッフにお尋ねください! 

PCで「時計」の学習

A君は「時計」の学習に苦手意識があり、学習することに抵抗感があります。

そこでPC学習ソフトの「ランドセル」を使って時計の学習を行いました。

PC上の時計なので針を自分で動かさなくても、自動的に動きます。
(実はA君は細かい作業が好きではなかったのかも…)
そのため、無駄な作業に気を取られず、本来の時計の学習にすんなりと入ることができ、とても理解がしやすかったようです。

この学習を続けた結果、時計の時刻を正しくよめるようになりました!
よかったです。

今後も個に応じた支援を提供していきたいと思います。

漢字検定を終えて感じる子どもの成長②

先週末は漢字検定が行われました。

その前日、A君は本番に向けて、最後の練習問題を行いました。

漢字検定に合格する!という目標を自ら設定し、その目標に向けて毎回きちんと着実に学習を行っていくことは、学力向上の王道です。

自分で決めて自分で動く、このことが本当に大切です。
A君は検定を受験すると決めてから、本番までの過程で漢字能力を高めただけでなく、頑張りぬく力も高めたのです。

これからもその姿勢を継続していって下さい。
教室スタッフも全力で支援致します。