タグ: 漢字検定

漢字検定を終えて感じる子どもの成長②

先週末は漢字検定が行われました。

その前日、A君は本番に向けて、最後の練習問題を行いました。

漢字検定に合格する!という目標を自ら設定し、その目標に向けて毎回きちんと着実に学習を行っていくことは、学力向上の王道です。

自分で決めて自分で動く、このことが本当に大切です。
A君は検定を受験すると決めてから、本番までの過程で漢字能力を高めただけでなく、頑張りぬく力も高めたのです。

これからもその姿勢を継続していって下さい。
教室スタッフも全力で支援致します。 

漢字検定を終えて感じる子どもの成長①

先日、漢字検定の本番が行われました。
本番に向けて一生懸命に準備してきた分、緊張感のある時間でした。

検定試験に臨んでくれた生徒はやはり力がつきます。
期限までに合格できる力をつけなえればならない、という時間の縛りが、さらにもう一歩分、集中力を高めてくれます。
またゴールまでの距離から逆算し、いつまでに何をするか、
という計画を自然とたてることもできます。

迫る時間の中で、がむしゃらに手を動かした経験は、皆さんの糧になっているはずです!

本当によく頑張りました!

挑戦と成長の年 ―漢字検定の集大成―

先日、伸栄学習会では漢字検定が行われました。


この時期の検定は、去年の4月から新学年がスタートして約1年経過したことから、1年間勉強を頑張ってきた集大成の意味も込めて挑戦する人が多かった気がします。

挑戦した級は人それぞれですが、自分の学年と同じレベルの級に挑戦した人たちは、検定対策の勉強が1年間の総復習となり、学んだことを振り返る良い機会だったと思います。

また、高校受験などを受験する際、緊張でその時に実力が発揮できないこともあると思います。
試験と言うシチュエーションに慣れる場としても、漢字検定などの検定受験をオススメしています。

普段の教室の雰囲気とは違い、緊迫した雰囲気の中でとても真剣に受験していました。

皆さん、無事に合格して気持ちよく新学年に進級して欲しいものです。
合格をお祈りいたします。

漢字検定が追い込みです!!

今週末の2/17(土)は、漢字検定の受験日です。
伸栄学習会では、漢字検定と算数検定を各教室で受けるれるので、多くの子が受験し、合格を目標にしています。

今回の漢字検定は、相之川教室だけで9名の受験です!

「今回は頑張ったから大丈夫!」
「だんだん難しくなってきていて、大丈夫かなあ~!?」
「時間がな~い!家でも学習しなきゃ!」

みんなから必死の気持ちが伝わって来ますので、スタッフも気が引き締まります!

どんな結果であれ、ここまで本当に努力していました!
みんな今の力を出し切って頑張れ~!

漢字検定を受ける!と決めた子どもの成長

今週末は漢字検定の本番です。
試験まで後数日。
受験に向け毎日過去問に取り組んでいます。

過去問や問題集を、2回3回と繰り返しこなしていくうちに、苦手な所が見えてきました。
採点も自分で行うことで、間違いの違いや気付きが増え次の問題を解く時には、見直しの声をかけなくても
「あってるかな」「大丈夫かな」
と自然に見直しを行うことが増えてきました。
これまでは見直しの声をかけても、意識して行えていない事が多かったのです。

今回の検定試験を通して、一人ひとりの成長が感じられ成長を感じることができ嬉しく思っています。
お迎えに来た保護者の方に伝えると、「最近辞書をひく事が増えた」という声もあります。

毎日繰り返し行っていることが、自然と身についてそれが生かされているお話を聞くと励みになり、私達スタッフももっと良くなるためにどうしたら良いか沢山話をしています。

「これがダメなら次はこれ!」と一人ひとりにあった支援ができるよう、これからも寄り添って支援していきたいと感じています。

本番まであと少し!一緒に最後まで頑張ろう!!