百聞は一見に如かず

blog 「あれ?沈まないんですけど・・・」 そう呟く生徒の前には、コップの水に浮かぶプラスチック片。 高校1年生の生徒が調べているのは「水に浮くプラスチックの種類」 宿題の内容を実験で確かめているのですが、中々教科書通りに沈みません。 その原因は・・・水とプラスチックの間入った空気。 「空気がはいったらダメなのかぁ」と、 生徒がつついて空気を逃がしてあげると、今度はしっかり沈みました。 百聞は一見に如かず。 知識を経験へと変えていくことで、新たな広がりがあるものですね。