まずは丁寧に

漢字検定に向けて、次学年の漢字を予習している小学1年生の生徒。 「花粉症だから嫌なんだよね」なんてぼやきながら、この日は「春」の字を練習しました。 以前は急いで課題を終わらせようとするあまり、字が雑になっていたのですが、 試験対策を経て、この頃はじっくり取り組めるようになってきました。 「字は人をあらわす」ともいいますが、丁寧に書こうとする気持ちは、 たとえ字形が崩れてしまっていても読み手に伝わるもの。 「綺麗に」書けないからと焦らず、「丁寧に」書くように心がけましょう。