支援のあり方

やりたくない時は「分からない」を連発してしまう小学5年生の生徒。

できる問題も「わからない」で済ませてしまうことが多々ある。

通い始めてもうすぐ1年。
少しずつその回数も減ってきている。

支援はその子の要望を100%叶えることではない。
将来の自立を目指して、支援していきたい。

;